ロボットショーケース2

藤⽥医科⼤学病院

国内最大規模の病床数を有する本大学病院では、広大な施設における様々なバックヤード業務が安定した医療サービスの提供を支えています。これらの現場オペレーションにロボット機器を導入すると同時に業務プロセスを最適化することにより、更なる経営資源の効率的な活用および優れた医療の提供が可能になることが期待されます。また、院内の移動支援ロボット等、患者さんにとって便利なロボット機器の活用は患者さんの満足度向上に寄与するものと思われます。本事業における様々な機器の実証を通して、各種機器の今後の活用に向けた具体的な検証を行える事を期待しております。

gavanner

藤田医科大学医学部
リハビリテーション医学Ⅰ講座 教授
藤田医科大学ロボティックスマートホーム・
活動支援機器研究実証センター長

大高 洋平

実証実験映像

実証実験参加ロボット

Robot-08

ロボティックモビリティ「PiiMo(ピーモ)」

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社

Robot-18

Aeolus(アイオロス)ロボット

丸文株式会社

Robot-19

病院向け搬送ロボットシステム

三菱電機株式会社

Robot-32

AISLE Tower Type (アイル タワー タイプ)

株式会社シンテックホズミ