ラクロ

株式会社ZMP

04-1
概要

ラクロは、3D LiDARやカメラを利用した自立走行ロボットです。障害物を避けるなど、信号認識を行い、屋内/屋外の自動運転を可能としています。また自動運転機能だけでなく、周囲とのコミュニケーションを図ることができます。フロント部には、周囲に意思表示を行うLEDパネルが搭載され、進行や右左折、停止中など表情でロボットの行動を周りに伝えるだけでなく、豊かな表情を与えることで人の共存する公道(歩道)環境に溶け込みやすいデザインです。8度の傾斜や5cmまでの段差を乗り越えるなどの走行性能も特徴です。バッテリーは、1時間の充電で約4時間の走行が可能です。ラクロは、1人乗りロボットとして座席がついており、電動車いすでもシニアカーでもない第三のモビリティとして実用化を進めています。

詳細(外部リンク)